読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここまでの冒険を記録しますか?

長岡技大ソフトウェア開発サークルの開発ブログ

TOPページ

【C++】ヘッダファイルとcppファイルの事故らない扱い方(2/2)

書き手:Hidano

前回の続きです。

nut-softwaredevelopper.hatenablog.com

前編では、複数クラスを扱うときに、各クラスごとに1つずつヘッダファイルを用意するルールについて説明しました。

今回は、ヘッダファイルがどんどん増えていった時に注意する点について解説します。

続きを読む

【C++】ヘッダファイルとcppファイルの事故らない扱い方(1/2)

書き手:Hidano

C++を勉強していて、クラスを複数使ったプログラムを書く段階になった方を対象に、ヘッダファイルとcppファイルの使い方について解説します。

続きを読む

C++で覚えるプログラミングのイロハ【ヘ】

書き手:Hidano

今回はプログラミングをするにあたって非常に重要となる、コンピュータの仕組み、具体的にはメモリの概念について解説します。

「メモリってあれでしょ? いろんなファイルを保存しておく場所」と思った方は、必ずこの章の内容を理解してください。プログラミングをするにあたってその認識は非常に危険です。

C/C++は数あるプログラミング言語の中でもメモリ空間を特に強く意識する必要のある言語で、逆にC/C++でメモリの概念を理解できていると、あらゆるプログラミングで効率化を図ったり、不具合を特定しやすくなります。

ちょっと脅すような前振りになってしまいましたが、モノを理解するのは心身がリラックスした状態でないと難しいですし、ここは肩の力を抜いてゆったりと読みすすめてもらえればと思います。

続きを読む

C++で覚えるプログラミングのイロハ【ホ】

書き手:Hidano

前回はクラスの設計を行い、プレイヤーのオブジェクトを生成してテキスト形式のバトルをさせてみました。

オブジェクトについて1度で全て理解するのは難しいと思いますので、今回はシンプルなプログラムをいくつか比較して、早い段階で知っておきたい「スコープ」と「値渡し」について確認していきましょう。

続きを読む

作業効率を上げる為に覚えておきたいコマンド

書き手:肥田野

今回はプログラミングでよく使われるコマンドについて紹介していきます。

PCを使い慣れている人にとっては基本事項だと思いますが、おさらいと思って眺めてみてください。

これらのコマンドを使いこなすことで、長い目で見れば飛躍的に作業効率を上げることができますし、時間短縮によってモチベーションの維持にも繋がります。

Windows端末での操作を前提としていますが、MacでもCtrlキーをコマンドキーに置き換えるだけで大体上手くいくと思います。

続きを読む

C++で覚えるプログラミングのイロハ【ニ】

書き手:Hidano

一体いつから――イロハの【ハ】で終わりと錯覚していた……?

というわけで、プログラミングの基本について、引き続き解説していきます。

オブジェクト指向という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは規模の大きいプログラムの動作を直感的に理解しやすくするために、役割ごとに分割された「オブジェクト」同士のやり取りで処理をさせる方式を指します。

反対に、オブジェクトを用いずにソースコードの上から順に処理していく方式は「手続き型」と呼ばれます。

C++の原型であるC言語手続き型言語ですが、C++はそこにオブジェクト指向を取り入れたことで、登場から30年以上経った現在でも広く利用される利便性を確立したのでしょう。

そんなわけで、今回はオブジェクト指向になくてはならない「クラス」と「オブジェクト」について見ていきます。

続きを読む